直線上に配置
バナー
勝新の歌が聞こえる

優・勝新太郎の出演映画についての個人的考察
これほど当たり役を多く持った役者も珍しい

19才の冬、京都の撮影所で勝新を生で見た
座頭市の扮装をして暖をとっていた
その姿は「孤高の市」だった・・・



7/21 更新

1950年代 1960年代 @ 1960年代 A 1970年代 1980年代
1990年代 座頭市
シリーズ
悪名
シリーズ
兵隊やくざ
シリーズ
駿河遊侠伝
シリーズ
御用牙
シリーズ
酔いどれ
シリーズ
座頭市
TVシリーズT.U
座頭市
TVシリーズV.W
警視-K
シリーズ

<参考 Wikipedia>


★1931年(昭和6年) 0歳 11月29日、母の実家の千葉県生まれ。東京都江東区深川育ち。
本名・奥村利夫

十代のころは長唄と三味線の師匠として、深川の芸者に稽古をつける。長唄の名取は二代目杵屋勝丸。
★1954年(昭和17年) 23歳 1954年のアメリカ巡業中、撮影所で紹介された、J・ディーンに感化されて映画俳優になることを決意、
23歳の時に大映京都撮影所と契約、同年『花の白虎隊』でデビュー。

大映社長永田雅一は勝を可愛がり、白塗りの二枚目として市川雷蔵に次ぐ役者として熱心に主要な役を与え続けたが、人気が出なかった。客があまりに入らないので映画館の館主達からは「いい加減に勝を主役にした映画を作るのはやめてくれ」と苦情が絶えなかったほどだった。

1950年代
NEXT
-
26歳
大阪物語 1957
3/6
公開
大映 脚本 依田義賢
監督 吉村公三郎
撮影 杉山公平

解説
27歳
日蓮と蒙古大襲来 1958
10/1
公開
大映 脚本 八尋不二
渡辺邦男
監督 渡辺邦男
撮影 渡辺孝

解説
28歳
弁天小僧 1958
11/29
公開
大映 脚本 八尋不二
監督 伊藤大輔
撮影 宮川一夫

解説
28歳
薄桜記 1959
11/22
公開
大映 脚本 伊藤大輔
監督 森一生
撮影 本多省三
NEXT



弊社の配信するコンテンツ・動画等の整合性・信頼性に関しては万全を期しておりますが、
それにより生じた損害に対しては一切 の保証を負いかねます。
弊社が提供するコンテンツを無断で複製すると、著作権侵害となります。
Copyright (C) 2012-14, zeicompany. All rights reserved.
Free to Link
直線上に配置